夏になると一度は経験したことのある「夏風邪」
夏風邪の正しい治し方をご存知でしょうか。

夏風邪の厄介なところは、一度ひくと長引いてしまうこと。

夏風邪の治し方が間違っていると長引いてしまい、
ずっと風邪気味になってしまいます。

特に子供は夏風邪のかかりやすいと言われています。

大人よりも体力のない子供がかかるとなおさら
夏風邪は長引いてしまいます。

そこで、この記事では、夏風邪の治し方と
長引かせないための早く治す方法について予防法と対処法も
合わせてご紹介していきます!



夏風邪とみられるウイルスの特徴について

夏風邪は言葉通り、夏に発症する風邪になります。
夏風邪は、夏に増殖するウイルスが原因で発症する風邪です。

ウイルスの種類によって夏風邪の症状は異なってきますが、
特徴として、夏風邪ウイルスは

・湿度を好むということ
・呼吸器だけでなく腸内で増殖するということ

などが挙げられます。
これらの夏風邪ウイルスの特徴から症状も特徴が見えてきます。

夏風邪の特徴的な症状について

下記症状が見られた時、夏風邪の症状と疑った方がよいかもしれません。



夏風邪の症状 下痢

夏風邪ウイルスは先の紹介した通り、腸内で増殖する特徴を持っています。
そのため、下痢など腹部についての症状が見られた時、夏風邪と疑った方がよいかもしれません。

夏風邪の症状 腹痛

下痢同様、腹痛が症状として見られた時、夏風邪の可能性があります。
冷たいものを飲んだ後などにする腹痛はただの腹痛ですが、
普段何気ない時に、腹痛になった時、注意が必要です。

夏風邪の症状 高熱

高熱(39度以上)の発症も夏風邪の症状の1つです。
高熱が長引く時で1週間は続いてしまう時があります。

夏風邪の症状 喉の痛み

ただの喉の痛みであれば夏風邪ではないかもしれません。
しかし、喉の奥の粘膜に水疱のような口内炎のようなものが
出来ていたら、注意が必要です。夏風邪の症状の特徴の1つです。

夏風邪の症状 咳が出る

咳が出るのは、一般的な風邪にも見られるため、
見分けは難しいと思いますが、喉の痛みを生じる咳が注意が必要です。

夏風邪の症状 頭痛がする

熱っぽかったり、体調が身体のだるさを感じたら注意が必要です。

夏風邪の症状 吐き気を催す

夏風邪の特徴の1つに食欲不振が挙げられます。
それは、腸内にウイルスが増殖するため食欲も低下してしまい、
何を食べても吐き気を感じる症状が見受けられます。

夏風邪の症状 鼻水が止まらない

こちらも一般的な風邪と特徴は同じですが、
風邪の兆候として見る時の判断材料になります。
鼻水が止まらなくなったら風邪にかかったと判断した方がよいでしょう。

夏風邪の症状 鼻づまり

鼻水が止まらないと同じく、風邪の症状として鼻づまりが挙げられます。
夏風邪の症状の前に、風邪の症状として捉え、予防や
悪化、長引く病気を避けるため、対策、適切な治し方を取り入れましょう。

夏風邪の治し方。早く治すためにすべきこと

夏風邪とみられる症状をご理解いただけた上で、
それら症状が見られた時の治し方、早く治すためにすべきことを
3点に絞ってご紹介していきます。



夏風邪の治し方 良質な睡眠をしっかり取る

夏風邪は体力、免疫力が低下することで
ウイルスの感染を許してしまい、発症することが言われています。

そのため、体力をつけて、免疫力を高める治し方を取り入れる必要があります。
体力、免疫力を気にすることで結果的に早く治す近道にもなります。

まず最初の治し方は、「良質な睡眠を取る」です。

睡眠はみなさんご存知の通り、人の免疫力を高め、疲労を回復し、
体力を正常に戻す働きがあります。

睡眠を取るだけでも効果は期待できますが、
遅寝遅起きなどバランスの崩れた睡眠は高い効果は得られずらいでしょう。

早寝早起きを心掛け、規則正しい睡眠を取ることが
良質な睡眠につながり、治し方としてはとても効果が期待できます。

規則正しい生活を心掛け、夏風邪予防を行っていきましょう。

夏風邪の治し方 夏風邪に効く食事を摂る

食事も体力、免疫力を向上するためには必要不可欠な治し方です。

夏風邪に効く食事メニューもあるため、
夏風邪予防に取り入れるのも1つの手です。

夏風邪に効く食事については下記記事にも詳しく紹介しているため、
興味があれば読んでみていただけると役に立つかと思います。

⇒ 夏風邪に効くおススメの食事とダメな食事をご紹介!体力、免疫力向上の食事とは

夏風邪の治し方 適度に運動して体力をつける

夏風邪発症してから運動するのは難しいですが、
夏風邪の予防として、体力をつける意味でも運動、スポーツをすることが
最も体力をつける近道
です。

ウイルスに感染しづらい強い身体を作る意味でも
運動は早くに治すよい方法です。

激しい運動よりも、ジョギングやランニングなど、
軽めにウォーミングアップできる運動や新陳代謝を上げるヨガなどがおススメです。

夏風邪予防、早く治す近道として適度な運動はおススメです。

夏風邪をひいた時の治し方、長引かせないために早く治す方法 まとめ

夏風邪をひいた時の治し方、
長引かせないために早く治す方法をご紹介してきました。

夏風邪はひいてからの治し方も大切ですが、
夏風邪にかからないために予防をすることも大切です。

そのため、日ごろから「体力」「免疫力」の向上を心掛け、
そのための「睡眠」「食事」「体力づくり」を意識していきましょう。

適切な予防が、おのずと早く治す近道になります。