夏といえば、やりたいこと、参加したいイベントが数多くあります。

夏だからこそできるイベントもあるため、今年の夏といえば、
ぜひ後悔のないようにやりたいこと、参加したいことをやり遂げましょう。

しかし、
「夏といえば、何があるのかな?」
と思い浮かばない方もいるかと思います。

そこで、この記事では、夏といえば、
やりたくなるイベント、参加したくなるイベントをご紹介していきます。

今年の夏は今までと違う夏になるかもしれません。



夏のイベントといえば① 花火を見る



夏といえば「花火」が定番のイベントです。
恋人とみる花火は格別の思いがあります。

恋人がいなくても友人や家族とみるのでも当然見ごたえはあります。

最近の花火は音と光を同調させた
「魅せる」花火が増えてきています。

さらに、都内ではお台場など中心地でも花火を見ることができるため、
さまざまな凝った花火を鑑賞することができます。

旅行先でも花火を目的に行かれるのでもいいでしょう。

夏といえば「花火」定番中の定番です。
今年も花火はどこで鑑賞されますか?

夏のイベントといえば② お祭りに参加する

夏といえば、お祭りも定番ですね。
お祭りを通して、さまざまな地区、県でその土地ならでは、文化に触れることもできます。

阿波踊りや祇園祭り、博多どんたく、青森のねぶた祭などなど
こちらも旅行の目的にお祭りに参加するのでもおススメです。

地元の人と憩いの場になるお祭りもおススメですね。
夏といえば、お祭りに参加しないと夏が終わりません。

夏のイベントといえば③ 縁日に出掛ける

夏といえば、というよりお祭りといえば「縁日」です。

縁日に出る出店は金魚釣りや射的、お菓子の綿菓子やチョコバナナなどなど
お祭りならではの賑わいを見せてくれます。

縁日の途中で、クラスの人にばったり出くわすこともあるかもしれません。
あの人の浴衣姿を運よく見れるかもしれません。

夏のイベントといえば④ 浴衣を着る

縁日でも着る人が増えている「浴衣」
こちらも夏といえば必ず見かける重要なイベントです。

彼女が浴衣を始めて着てきた時、
子供に初めて浴衣を着せた時、

浴衣にはその人の思い出、歴史があります。

昔を思い出すアイテムでもあり、
夏といえば浴衣は外せないイベントの1つです。

夏のイベントといえば⑤ バーベキューをする

夏といえば外で肉を食らう!それがバーベキュー

キャンプ場や家の屋上、海でもバーベキューをしている姿を見かけますね。
みんな集まって、肉や野菜、魚など旬な夏ものをいただきます。

バーベキューと聞いただけで「夏といえば」連想するイベントです。

今年も人を集めてバーベキューに肉を食らってはいかがでしょうか。

夏のイベントといえば⑥ ラフティングを楽しむ

夏といえば川で遊ぶことも夏らしいイベントです。
川で遊ぶアクティビティに「ラフティング」と呼ばれる遊びがあります。

ラフティングとは、複数人大きなボートに乗って、
川を下る夏といえば出来るアクティビティになります!

ラフティングが出来る場所は限られているため、
やろうとしても少し離れていたりするかもしれませんが、
一度体験してみる価値ありです!

今年の夏といえばラフティング!と思えるくらい
楽しい夏にしていきましょう。

夏のイベントといえば⑦ 川下り(ライン下り)を楽しむ



ラフティングと同等のアクティビティになるのが川下り(ライン下り)

川下り(ライン下り)とは、船に乗って、船頭と呼ばれる
舵を切る船長のような人が川を下る進路を取ってくれます。

川下りはただ川の岩並や川のせせらぎを聞く事ができる、
夏に涼しさを取り入れてくれる遊びになります。

夏のイベントといえば⑧ 川釣りを楽しむ

川まで来たら釣り好きにはたまらない「川釣り」も夏の遊びとして有名です。

有名な川であれば、アユ釣りや川でした取れない、
希少な魚も取ることが出来ます。

中には、川釣り用の釣りセットも貸してくれるレジャーもあるため
使ってみてはいかがでしょうか。

夏のイベントといえば⑨ 夏フェスに参加する

夏といえば音楽!音楽といえば野外ライブ!野外ライブといえば夏フェス
が容易に連想できるほど、夏フェスは有名になりました。

今では、有名アーティストも参加する大規模イベントになった夏フェス。
あなたも好きなアーティストは参加しているかもしれません。

夏のイベントといえば⑩ 温泉に入る

夏といえば特に外での遊びが増える季節です。
そのため、汗もかく、泥だらけになる、体中が汚れてしまいます。

そこで、身体の汚れを流し、心身ともにリフレッシュしてくれる
温泉も夏といえば行きたくなるお風呂です。

温泉は冬のイメージが強いですが、
夏に入るからこそ、気持ちもリフレッシュさせることができます。

屋外レジャーで汗を流した後の温泉が特におススメです。

夏のイベントといえば⑪ 実家に帰省する

夏といえば、お盆の時期、実家に帰省する人も増えます。
旅行の目的が実家の帰省という人も多いほどお盆は実家ですごします。

夏のイベントといえば⑫ お墓参り

実家に帰省する目的の1つが「お墓参り」
ご先祖様の供養を行い、ご先祖様に元気な姿を見せましょう。

夏のイベントといえば⑬ 24時間テレビを見る

夏といえば、8月に始まる24時間テレビも夏ならでばのイベントです。
ちょうど8月の終わりくらいに放送される24時間テレビ。

これを見終わるとちょうど夏も終わりか、と思う時もあります。
各都道府県対抗の企画からドラマ、マラソンなど毎年見ごたえありの
24時間テレビは今年もみること間違いなしです。

夏のイベントといえば⑭ チャリティーイベントに参加する

24時間テレビの中でも取り上げられるチャリティーイベント。
今年はそのチャリティーイベントに参加することも
例年とは違う夏の過ごし方になるかと思います。

夏といえば、遊びも大切ですが、
チャリティーイベントなどの社会貢献も求められる行動です。

夏のイベントといえば⑮ 夏のアウトレットに行く

夏といえば開放的な季節です。お財布の紐も緩みます。
そんな中、アウトレットでは大規模セールが開催されます!

今までのセールとまた格別異なるイベントを開催するため、
夏のアウトレットを狙って買い控える人もいるほど。

近くのアウトレットへ行ってみてはいかがでしょうか。

夏のイベントといえば⑯ 夏のクリアランスセールに参加する

アウトレットに並んで、百貨店やデパートでも夏のクリアランスセールが開催されます。

年々激化する夏商戦を勝ち取るため、各社こぞってセールを実施。
ユーザーの財布の紐も緩み、遊ぶお金を使い果たすことも。

夏といえば、大事なイベントが控えていますが、
計画的にスケジューリングも大切です。

夏といえば行きたい、やりたいイベント まとめ

夏といえば行きたい、やりたいイベントをご紹介してきました。

今回ご紹介したのはほんの一部であり、
夏といえば、連想されるイベントはまだまだあります。

今年も後悔しない夏を過ごすためにも、
計画を必ず立てることが大切
です。

計画を立てなければ、あっという間に夏は終わってしまいます。

「夏といえば何も思い出がない」とならないように
計画的に毎日を過ごすことをおススメします。