冬を連想させる言葉といえば




「冬を連想させる言葉といえば何が思い浮かぶ?」

寒い、冷たいというイメージが強い「冬」
しかし、北海道や寒い地域に住む方から見たら寒いのは日常的な光景です。

言葉にすると神秘的で幻想的な言葉でも表現できる冬。
様々な顔を持つ日本の四季折々の一つでもある冬を

言葉で表現するとどんな単語や熟語、キーワードになるのか、
「冬の言葉」が気になる方も多いかと思います。

このブログでは、冬を連想させる言葉を知りたい方
冬の言葉、花言葉や漢字、単語、英語、名前、文字、キーワードについて調べていきます!

冬の言葉が気になる方は、ぜひブログを読み進めていただけたらと幸いです。




冬を連想させる言葉といえば ウインター(Winter)

冬を連想させる英単語の代表はウインター(Winter)

冬=ウインター。寒いイメージも持ってしまいますが、
ウインタースポーツや運動、遊びなど、

冬でしか体験できないスポーツも多数ありますので、
冬が好きな方は非常に多いです。




冬を連想させる言葉といえば スノー(snow)

次に冬を連想させる英単語はスノー(snow)

雪は冬を連想させる言葉の代表と言っても過言ではないほど、
冬を象徴として言葉です。英単語で「snow」

スノーボードやスノースポーツなど、
冬でしか楽しめないスポーツも連想されるのが多いかと思います。

冬のスポーツといえば?情報も以下ブログ記事でまとめていますので、
気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

冬のウインタースポーツ、運動といえば?冬に挑戦したい人気スポーツを紹介

冬を連想させる言葉といえば クリスマス(Christmas)

冬を連想される英単語と言えばクリスマス(Christmas)

特に子供が連想する言葉の代表にも挙げられるクリスマスは、
冬の12月25日に訪れます。25日の前日24日は「クリスマスイヴ」

プレゼントがもらえる嬉しい日でもあり、
恋人、カップルにとってはとても大切な日でもあります。

それは、クリスマスに告白、プロポーズをするカップルが多いため。
素敵なプレゼント、指輪をもって大切な人と過ごす素敵な1日です。




冬を連想させる言葉といえば サンタクロース

クリスマスの日にプレゼントを持って現れるのがサンタクロース

子供の特に幼児、小学校低学年までは
まだサンタクロースの存在を信じますが、高学年に入るにつれて、

徐々にその真相も理解し始めますので、子供から
大人へと成長した記録にもなります。

クリスマスプレゼントの内容も年々変わるのも子供の成長が見れて楽しいですね。

冬を連想させる言葉といえば お正月

クリスマスが明けると次に訪れるのがお正月

お正月は基本1月1日から3日までを指し、
この間にも様々な冬の言葉で表現されるイベント、行事が行われます。

お正月と言ったら子供が大人から受け取れる「お年玉」も
冬を連想させる言葉になるかと思います。

冬を連想させる言葉といえば 元旦

先ほどのお正月の1月1日が元旦
呼ばれる日にあたり、「元日」とも呼ばれます。

日本では「元」は最初のことを指し、
平成1年と呼ばず、平成元年と呼ぶように特徴があります。

1年のはじめ、最初という意味でもある元日。
最初の日に日本では家族、親戚、身内と集まり新年の祝いを交わします。

冬を連想させる言葉といえば 大晦日

元旦の前日12月31日を大晦日と呼び、
大晦日の晩の日に「除夜の鐘」が打ち鳴らされます。

元旦が1年の最初の日であれば、
大晦日は1年の最後の日と指します。

大晦日の日はたいてい親戚、身内、実家に帰省している
人が多いことから、テレビ番組では特番が組まれ、

年々ますます視聴率争いが繰り広げられます。

冬を連想させる言葉といえば 三が日

正月の1日から3日までの期間を三が日と呼びます。

「正月三が日」とも呼ばれ、この3日間の間にも
書き初めやデパートでは初売り、元始祭が行われ、

日本のお正月気分を味わうことができます。
三が日明けの4日は基本会社の仕事始めにあたります。

冬を連想させる言葉といえば 初詣

正月三が日の間に新年初めての参拝することを初詣

地元の神社や近くの寺院に赴き参拝する光景は、
1年の始まりを告げる姿にもとらえられ、

人気の神社では非常に多くの参拝者で境内が賑わいます。
また、初詣にくじ引きをするのも恒例行事。

甘酒や祈祷など神社での初詣を参拝するのも
正月恒例のイベントですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。




冬を連想させる言葉といえば コート

冬は寒い言葉が多くを占めます。
寒さをしのぐため服装も冬らしくなりコート

冬を連想させる言葉にあたります。
ロングコートやチェスターコート、メルトンコート、ダウンコートなど

現在では様々なコートが市場に出回っていますが、
冬は寒いので暖かい服装が好まれます。

自分に合った最適なコートを探すのも初売りで実施すると
お得に、素敵なコートが見つかるかもしれません。

冬を連想させる言葉といえば ダウンジャケット

冬を連想させる言葉でダウンジャケットも挙げられます。

コートよりも少しカジュアルに、でも
しっかり暖かく防寒対策にもなるダウンジャケット。

最近ではダウンジャケットをおしゃれに着こなす
スタイルや雑誌もありますので、自分に合った1枚を見つけることができるかもしれません。

冬を連想させる言葉といえば ヒートテック

冬の寒さ対策の定番と言えばヒートテック

ユニクロが発売するヒートテックは年々暖かさ、
機能性が充実し、価格帯もとてもリーズナブルなので老若男女問わず人気のインナーです。

冬の連想させる言葉の寒いを払しょくする
素敵なインナーだと思います。ぜひお試しください。

冬を連想させる言葉といえば イルミネーション

冬は寒いがとても空気は透き通り、
光や鮮やかな明かりは神秘的な空間を演出してくれます。

その代表的なイベントがイルミネーション

冬になれば全国各地でイルミネーションイベントが開催され、
特に恋人たちにとっては大切な時間を過ごすのに必須のスポットです。

人気のイルミネーションスポットでは多くの来場者が訪れ、
冬にしか経験できない光に魅了され続けます。

冬を連想させる言葉といえば シクラメン

冬の鉢花で代表的な花がシクラメン

シクラメンの開花時期は、10月~3月。
色鮮やかな花が咲き誇りますので誕生日の贈り物に最適です。

花言葉は、「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」
気弱なイメージが印象的ですが、冬の寒い季節を生き抜く姿は

とても力強く、鮮やかな印象の方が強いかと思います。

冬を連想させる言葉といえば パンジー

冬の寒さに非常に強い花パンジー

パンジーの開花時期は、10月下旬~5月中旬
パンジーの見ごろを狙って各地で観光も行われます。

花言葉は、「もの思い」「私を思って」
白だけでなく、紫や黄色、オレンジも咲き誇る彩りよい花として重宝されます。

結婚式や祝いの席にも飾られる人気の花になります。




冬を連想させる言葉といえば ウメ

日本古来の歴史を有する花ウメ

ウメの開花時期は、1月~3月
ウメまつりや梅を見るために各地でイベントも開催されるほど人気の花です。

花言葉は、「高潔」「忠実」「忍耐」
力強い印象を受ける梅ですが、サクラ属の一種ですので、

サクラ同様に見ごたえありの人気の梅です。
梅の後には桜の見ごろを迎えますので、2月~3月にはお祭りも開催されます。

冬を連想させる言葉といえば スイセン

白だけでなく、黄色など彩り良く咲くスイセン

水仙の開花時期は、11月中旬~4月
水仙まつりや水仙のイベントも各地で開催されるほど人気の花です。

花言葉は、「自己愛」「神秘」
色によって花言葉が異なり白が自己愛、黄色が神秘とされています。

スイセンを大切な人、記念日に贈るのは難しい扱いになりますが、
彩りを与えるのには最適な花と言えますので、選んでみてはいかがでしょうか。

冬を連想させる言葉といえば マーガレット

花束として贈るにも非常に人気なマーガレット

マーガレットの開花時期は11月~5月。
冬の寒さにも強く5月の芝桜の時期まで長く咲く花です。

花言葉は、「真実の愛」「信頼」
プロポーズや結婚記念、誕生日に贈るにも最適な花と言えます。

冬を連想させる言葉といえば 冬季オリンピック

冬の言葉に冬季オリンピックも挙げられます。

カーリングやアイスホッケー、ボブスレーなど
冬にしか扱うことの出来ない種目を争い、

冬の寒さ以上に心が温まる素晴らしい総合スポーツ大会。
日本勢も大いに活躍しメダルも獲得するほど熱くなる日です。

冬を連想させる言葉といえば 冬休み

子供にとって楽しみなのが冬休み

夏休みに比べて休みの期間は非常に短くなりますが、
それでも冬の間休みが取れて、冬の遊び、

正月の実家、親戚の家へ遊びに行き新年のあいさつと、
お年玉をもらったり、初売りで好きなアイテムをゲットできたりと、

充実した日々を送ることができるのも冬休みです。

まとめ

冬を連想させる言葉についてご紹介してきました。

連想させる言葉を調べてみると、冬は寒い!だけでなく、
イベント、お祭りに祝い事など充実した日々も多い素敵な季節です。

印象だけでなく、連想される言葉にしてみると、
また別の角度からも冬に関する姿を見ることができるため、

冬を連想させる言葉を調べている方は、
ぜひ参考にお役立ていただけますと幸いです。