「食欲不振」
夏になると誰もが一度は経験したことはあると思います。

食べないと栄養が摂れないけど
どうしても食事が喉を通らない…

食べたいのに食べたくない、負のスパイラルの始まります。

食欲不振になる原因をご存知でしょうか。
原因が分かれば、それに対する改善と対策を講じればよいのです。

この記事では、夏の食欲不振に悩まされる方に向けて、
食欲不振の原因と改善法、事前対策についてご紹介していきます。

食欲不振で体力がつかず、夏を満喫できなくなるのは残念!
一刻も早く食欲不振を改善しましょう!



食欲不振の原因について

食欲不振の原因は、主に「夏バテ」が原因として挙げられます。
夏バテとは、身体がだるくなったり疲労感が抜けず疲れた状態のことを指します。

夏バテになると疲労感、倦怠感が増すのはもちろんですが、
「自律神経のバランス」が乱れが原因です。

自律神経のバランスが乱れると、内臓の活動が低下し、
特に食道、胃、腸の消化器系の動きが低下してしまいます。

これは、自律神経の交感神経が優位になってしまい、
消化器系の内臓の働きを鈍らせているためと言われています。

夏バテが起きる原因については下記記事で詳しく紹介しています。
合わせて読んでいただけると理解が深まると思います。

夏バテの原因とは?夏バテの原因を理解して事前に予防と対策を!

夏以外で起こる食欲不振の原因は?

食欲不振の原因に対する改善を見る前に、
夏以外でも食欲不振は起きると思いますが、どういった理由で起こるのか。
季節関係なく、食欲不振の原因について少し見てみたいと思います。

ストレスが原因で起こる食欲不振



ストレスも自律神経のバランスを乱す原因の1つです。
交感神経が優位になりやすく、消化器系の内臓が低下する恐れがあります。

不規則な生活による食欲不振

不規則な生活は内臓に負担がかかります。
寝る時間が不規則、食事の時間が不規則、すべて内臓にダメージが残ります。

運動不足による食欲不振

適度な運動を通して、身体だけでなく内臓に刺激を与えるのは効果的です。
しかし、全く運動をしないのは身体が固まり、内臓の動きも鈍ります。

食欲不振に効果的な改善法について

食欲不振の原因が分かったところで、次に食欲不振の改善法についてご紹介していきます。
様々な食欲不振の改善法の中から効果があるとされる方法をご紹介します。

食欲不振に効果的な改善法1 食事メニューを考える

食欲不振の時に効果のある食事は、
そうめんや雑炊、お粥など胃に負担のかからない食事が効果的です。

あまり無理をせずに食事を摂ることがよいとされますが、
全く食べないのも問題です。

また、夏バテ予防に効果のある豚肉料理や夏野菜を使った食事、
土用の丑の日に食べるうなぎなどが効果的です。

食欲不振かな?と思ったら普段の食事メニューと少し違った
メニューにして改善を図りましょう。

食欲不振に効果的な改善法2 ストレスを発散、解消させる

ストレスの蓄積も食欲不振の原因です。
そのため、ストレス発散、解消することが改善法になります。

人それぞれ実はストレス発散法は異なります。
カラオケに行く、友達と話す、旅行に出かける、1人になる、

「何より気分を変える」ことが大切です。

まずは、ストレスの発散方法、解消法を探してみましょう。

食欲不振に効果的な改善法3 規則正しい生活を送る

夏の長期休暇に入るとどうしても不規則な生活になりがちです。
そうでなくても、普段から不規則な生活を送っていると食欲不振の原因になります。

人間は、太陽の光で目が覚め、暗室の中眠りにつきます。
このメカニズムを壊してしまうと自律神経は乱れます。

理想は早寝早起き!決められて時間に起きて寝る!
少しづつ矯正して正しい生活リズムをつかみましょう。

食欲不振に効果的な改善法4 良質な睡眠を取る

不規則な生活では、良質な睡眠は得られません。
先ほどの昼夜逆転のような生活では睡眠の質は低下します。

そのため、ただ睡眠を取るだけでなく、
1つ1つの睡眠を質を上げることも重要です。

早寝早起きを心掛けるようにしましょう。

食欲不振の改善法5 病院で薬を処方してもらう

上記4つの改善法でも上手く改善できない場合、
病院で薬を処方してもらうという手もあります。

薬はあまりおススメできませんが、あまりに長期間食欲不振が続くようであれば、
病院で一度診てもらうことをおススメします。

食欲不振にならないための事前対策について

食欲不振の改善法を見ていきました。

食欲不振になってからの改善法がほとんどでしたが、
食欲不振になる前に出来ること、事前対策も合わせてご紹介しておきます。

食欲不振にならないための事前対策 水分補給はまめに



食欲不振の原因に「夏バテ」とご紹介しました。

夏バテの発症原因には、脱水症状による症状が挙げられます。
そのため、水分補給をこまめに取ることで夏バテ予防につながり
結果的に食欲不振の対策にもなります。

ただ、あまりに水分をガバガバ飲んだら今度は水腹になってしまい、
水で胃が満たされ、食事が入らなくなる原因にもなるため注意が必要です。

適度に水分は補給していきましょう。

食欲不振にならないための事前対策 体温調節に気を付ける

夏場、エアコンの付けっぱなしは非常に危険です。
エアコンだけでなく、強い紫外線は体温調節を狂わせ、結果自律神経を乱します。

暑さ対策の防止やエアコンの温度調節など、
夏場体温調節が狂いそうな環境での対策が重要になってきます。

食欲不振の原因とは?夏に引き起こす食欲不振の改善法と事前対策 まとめ

食欲不振の原因とは?夏に引き起こす食欲不振の改善法と事前対策を紹介してきました。

食欲不振の原因は夏バテであり、
夏バテは自律神経の乱れによって引き起こされます。

自律神経の乱れは、夏バテなどの症状や消化器系の動きを低下させ、
身体にあらゆる悪い症状を引き起こします。

夏場は特に自律神経が乱れやすい季節なので、
事前の対策をしっかり行っていきましょう!