鞍馬の火祭


・京都三大奇祭の一つ「鞍馬の火祭」に参加してみたい!
・でも、雨の時も開催されるのか不安…天気予報が気になる

10月22日に開催予定の「鞍馬の火祭(くらまのひまつり)

お祭り参加時の最も気になるのが「天気予報」ではないでしょうか。

特に雨天時、鞍馬の火祭は開催されるのか、中止になってしまうのか、
台風の影響は出るのか、その開催有無が気になりますよね。

そこで!このブログでは、鞍馬の火祭に参加予定の方に、
雨天時の開催有無についてご紹介していきます!

過去の開催有無も交えてご紹介していきますので、
鞍馬の火祭に参加したい方は、ぜひお役立ていただければ幸いです。



鞍馬の火祭2017の雨天時の開催有無について

まず最初に、鞍馬の火祭2017の雨天時の開催有無についてです。

鞍馬の火祭の開催日は、2017年10月22日(日)18時~24時半まで開催されます。

雨天時の開催有無について、基本雨天決行のようです!

鞍馬の火祭の見どころは、何百本もの松明を担いで、
「サイレイヤ、サイリョウ」(祭礼や、祭礼)の掛け声とともに
街を練り歩くのが見どころ!

そのため、「火祭り」と呼ばれていますが、
火を扱うのに雨天決行で大丈夫なのでしょうか…?

念のため、過去雨が降った際の開催実績を見ておきたいと思います。



過去の鞍馬の火祭で雨天時の開催有無について

では次に、過去の鞍馬の火祭で雨天時の開催有無についてです。

雨が降っている中、開催がされていますね。
雨天時でも開催はされるようです。

しかし、気をつけたいのは「気温」です。

夕方から深夜まで行われるお祭りであるため、
気温がぐっと下がって冷え込むことが予想されます。

京都の週間天気予報を見ると、
開催日の10月22日は雨天の確率が高いようです。

気温も最低気温16度まで冷え込むので防寒対策、体調管理には
十分気を付けましょう。



鞍馬の火祭2017の開催場所について

鞍馬の火祭2017の基本情報もご紹介しておきます。
まずは、鞍馬の火祭2017の開催場所についてです。

開催場所は、「由岐神社」にて祭礼行事は執り行われ、街を練り歩きます。

開催場所までの移動手段は車での移動はまず難しく、鞍馬一帯に駐車場もないため、
車での来場は控えるように呼び掛けているようです。

移動手段は、叡山電車を使って、最寄りの「鞍馬駅」下車すぐの場所になります。

鞍馬の火祭の開催ルート、コースについて

最後に、鞍馬の火祭の開催ルート、コースについでです。

まず、松明を持った祭人が街を練り歩き「山門」に直行します。
そして、山門下に集合し、「由岐神社」に続く道を駆け登ります。

そして最大の見どころである、「チョッペンの儀」と呼ばれる、
若い祭人が、神輿の先頭に足を開いたまま担がれ、石段を下る祭礼行事は圧巻!

京都にお越しの際は、ぜひ時代祭と合わせて、
鞍馬の火祭も参列してみてはいかがでしょうか。

鞍馬の火祭は雨でも開催される?雨天時は中止?開催当日の天気予報 まとめ

鞍馬の火祭は雨でも開催される?雨天時は中止?
開催当日の天気予報についてご紹介してきました。

鞍馬の火祭では、雨天でも開催されるようですが、
夜に開催される祭礼行事であるため、気温には注意しましょう。

10月は夜になると冷え込む傾向にあるため防寒対策は忘れずに。

日程的に時代祭の後に開催されるため、
時代祭参加後、そのまま鞍馬の火祭にも参列することをおススメします。

ぜひ、圧巻の火祭りにチョッペンの儀を見てみてはいかがでしょうか。