・京都で開催される京都三大祭りの1つ「祇園祭」に行ってみたい!
・でも、祇園祭は混雑する?交通規制や通行止めも実施されるかな?

京都の有名なお祭りの1つ「祇園祭」
多くの来場者が訪れ、最近では外国人観光客も増える人気のお祭りです。

そんな人気の祇園祭だからこそ気になるのが「混雑状況」ではないでしょうか。

特に祇園祭へ遊びに行く予定の方は、
「祇園祭はどれくらい混雑するのか気になる!」心配になると思います。

そこで!このブログでは、祇園祭へ遊びに行く予定の方に、
祇園祭の混雑状況や交通規制、渋滞、通行止めの回避方法、駐車場の場所をご紹介していきます!

祇園祭へ遊びに行きたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



祇園祭の今までの混雑状況について

ではまず、祇園祭の今までの混雑状況について見ていきたいと思います。

今まで開催されてきた祇園祭の混雑状況を見てみると

祇園祭開催期間中は歩行者天国も解放されるようですが、
路上が人で見えないほど!多くの観光客が訪れ混雑しているのが分かります。

なんと1日の動員数は30万人以上とも言われ開催期間中の累計では100万人は超えるのではないでしょうか。

非常に人気のお祭りの祇園祭であることがこの数字、混雑状況から分かりますね。

では次に、今年の祇園祭の混雑予想を見ていきたいと思います!



祇園祭 混雑予想について

次に、祇園祭の混雑予想について見ていきたいと思います。

祇園祭は非常に人気の京都を代表する夏のお祭りです。
そのため、いつでも混雑は発生し人混みでどこも賑わいを見せています。

今年も混雑予想も非常に多くの人出が予想されます。
さらに、今年は気温の上昇も気になりますので、熱中症や水分不足はなるべく避けて、

熱中症対策をしっかり取ることをおススメします。
帽子や水分を取る、日陰での鑑賞、こまめに休憩を取るなど。

夏バテかな?と感じた方は、以下に夏バテ解消の方法をまとめた記事がありますので、
気になる方は、ぜひ一度ご覧いただけたらと思います。

夏バテの症状とは?夏バテの症状が見られた時の効果的な解消法をご紹介!

では次に、祇園祭の交通規制、通行止めの場所を見ていきたいと思います!



祇園祭 交通規制・通行止めの場所について

祇園祭時に実施される交通規制・通行止めの場所について見ていきたいと思います。

祇園祭では開催期間が長く前祭と後祭の2回に大きく分けられます。
その間、お祭りのイベントや見所の山車、山鉾を見ることが出来ます。

そのため、祇園祭では広範囲での交通規制、通行止めが実施されるため、
下記地図がありますので、祇園祭へ行かれる方は事前にチェックしておくことをおススメします!

しかも、交通規制が広範囲でバスにも影響しており、
祇園祭開催期間中はバスのルートやダイヤも変更され事前に確認しなければ混乱が起きそうです。

京都観光にはバスは欠かせない足ですので、しっかり見ておいた方が良いでしょう。



祇園祭 混雑を回避するルート、回避方法について

祇園祭の混雑状況や交通規制、通行止めの場所について先にご紹介してきました。

祇園祭には遊びに行きたいけど、混雑には合いたくない、
交通規制や通行止めにも合わず祇園祭を楽しみたい!という方も多いかと思います。

ここでは、祇園祭の混雑を回避するルートや方法をご紹介したいと思います。

祇園祭で混雑回避をしたい方はぜひ参考にしてみてください。

交通規制、通行止めが実施される時間帯を把握する!

広範囲に京都内を実施する交通規制や通行止めですが、
祇園祭開催期間中ずっと交通規制が実施されるわけではありません。

交通規制、通行止めが実施される時間帯を把握して、
実施されない時間帯に動いて回るのがおススメの混雑回避方法になります。

また、歩行者天国も同時に実施されるので、上手く使い分ければ、
混雑を避け楽しい京都観光、祇園祭周りを味わうことが出来ます。

お店の中から山車や山鉾を観覧する!

祇園祭の最大の見所と言えば山車、山鉾の観覧かと思います!

それら山鉾の観覧中、混雑の中見るのは辛いものを感じます。
出来れば楽して、混雑なく見たい!という方も多いかと思います。

そんな方には、お店の中、屋内で山鉾を観覧することをおススメします。

そうすれば、混雑にも合わず空調の動く快適な屋内で見ることが出来ます。
ぜひ、お店を探してみてはいかがでしょうか。

祇園祭 道路渋滞状況について

祇園祭の道路渋滞状況について見ていきたいと思います。

歩行者天国が解放されても混雑している祇園祭。
歩行者道路が混雑するので車の道路も渋滞が発生しているはず。

車で祇園祭までアクセスする方、タクシーを利用する方も多いかと思いますので、
祇園祭開催期間中の道路の渋滞状況を見てみると

非常に道路も混雑、渋滞が発生してタクシーのメーターが上がる結果に。
タクシー移動を考えている方は、ご注意ください。料金が想定より上がってしまうかもしれません!



祇園祭で利用したい駐車場の場所について

道路が渋滞しても車でアクセスしないといけない、車移動したい方も多いかと思います。
そこで、ここでは祇園祭時に利用したい駐車場の場所をいくつかご紹介したいと思います。

家族連れで子供を連れていくのはバスではなく車の方が楽。
高齢者がいるので外を歩いて移動するのは難しい
気温も高いので熱中症が気になる、などなど様々な理由があると思います。

車で移動するために駐車場の場所を事前に調べたい方は、参考にしてみてください。

京都駅ビル 東第1駐車場

【場所】〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町
【料金】300円/30分
【収容台数】1250台

京都駅ビル直結の巨大な駐車場。
収容台数も1250台と余裕の敷地面積を有し利便性にも長けた駐車場です。

まずは駐車場を探している方はここを覗いてみてはいかがでしょうか。
非常にアクセスにも富んでいますのでおススメです。

コンセプト ステーションモータープール

【場所】〒601-8001 京都府京都市南区東九条室町63
【料金】200円/30分
【収容台数】102台

収容台数は他に比べたら少ないですが、駐車料金が魅力的な駐車場。

駐車料金を安く抑えたい方におススメの駐車場です。

京都駅八条口駐車場

【場所】〒601-8003 京都府京都市南区東九条西山王町31
【料金】250円/30分
【収容台数】208台

収容台数も中級クラスの駐車場。
料金も間といったクラスに位置していますので、他が空いていない場合覗くのもありかと思います。

さらに、24時間営業であることも嬉しいポイントです。

祇園祭の混雑状況や交通規制、渋滞、通行止めの回避方法、駐車場の場所 まとめ

祇園祭の混雑状況や交通規制、渋滞、通行止めの回避方法、駐車場の場所についてご紹介してきました。

祇園祭は非常に人気のお祭りですので、混雑発生は必須と言わざるを得ません。
しっかり交通規制や通行止めの実施時間、場所を把握しておくことが混雑回避の方法です。

また、道路も渋滞が発生しますので、タクシー利用者や車でアクセスする方も注意が必要です。
タクシーは想定以上に料金がかかってしまうかもしれません。

おススメの駐車場の場所を合わせてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。