・静岡で開催される森の祭りに参加してみたい!
・事前に混雑状況や交通規制の情報を知っておきたい!

11月3~5日の間開催される秋の祭典「森の祭り」

多くの来場者を毎年動員し、にぎわいを見せる静岡のお祭りですが、
人が多いと混雑して、見たい物がみれない!なんて経験はありませんか?

また、車で来られる方は、交通規制や通行止めの情報を
事前に把握しておかないと困ることになります!

そこで!このブログでは、森の祭りに参加予定の方に、
交通規制、通行止めの場所や混雑状況についてご紹介していきます!

また、森の祭りに参加しない静岡県民の方も
事前に知っておいた方がよい情報ですので、ぜひチェックしてみてください。



森の祭り2017 交通規制について

ではまず、森の祭り2017の交通規制についてです。

森の祭りは、静岡県周智郡森町に点在する神社仏閣にて開催される祭典であり、
三嶋神社、谷本神社、金守神社、稲荷社などなどの神社がメインとなります。

森の祭り開催当日は、三嶋神社を中心に下記道路が交通規制になるようです。
オレンジの直線が交通規制になっているイメージ図を作成しましたのでご覧ください。

見る限り、大通り沿いは交通規制にはなっていないようで、
神社を囲む小道、脇道が交通規制になっているようです。

基本、屋台が通る道が交通規制のようですね。
ぜひ、事前にチェックしておいてください。



森の祭り2017 通行止めの場所について

では次に、森の祭り2017の通行止めの場所についてです。

通行止めの場所は、先にご紹介した交通規制の場所と類似していますが、
時間帯や日時によってもその通行止めの場所が異なるようです。

通行止めの場所については公式ホームページからも確認できますので、
ぜひチェックしてみてください。

イメージとして、「金守神社」から「谷本神社」までの小道、道のりが
車両通行禁止になっています。

大通りではないので、車で入り込むことはほとんどないかと思いますが、
車で移動される方は、事前情報として入れておいてください。



森の祭りの去年の混雑状況について

それでは、これまで開催されてきた森の祭りの混雑状況についてです。

去年の森の祭りの状況になりますが、
見る限り、多くの来場者、祭人で小道が埋め尽くされています…!

屋台の上に何人もの大人が乗った状態で屋台を押す姿は力強さも感じますが、
よく小道を柔軟に曳き廻せる、匠の技まで感じるほどです。

今年も快晴に恵まれ、お祭り日和になりましたので、
多くの来場者が訪れることが予想されます。

混雑も去年に引き続き、起きると思われるため、事前の対策を練っておきましょう。

森の祭りで混雑を回避するルート、回避方法

去年の混雑状況から、今年も同様混雑が予想されます。
混雑を回避するルートや回避方法をいくつかご紹介しておきたいと思います。

特に車で来られる方、静岡県在住の方(帰宅の際)は
ぜひ、お役立ていただければ幸いです。

車でお越しの方は駐車場の場所を把握しておく

基本、神社仏閣の周りの道は交通規制、通行止めとなっており、
車での進入が不可能です。

かといって、車で来場することが不可能という訳ではないため、
事前に駐車場の場所を把握して、近くに止めてから参加することが
混雑を回避するポピュラーなやり方です。

いくつか、お祭りから近い駐車場の場所をご紹介しておきたいと思います!

掛川駅まんまえパーキング

【場所】静岡県掛川市駅前4番地の11
【料金】100円/30分
【収容台数】約100台

パラカ掛川駅前第1 駐車場

【場所】静岡県掛川市南1丁目7
【料金】100円/30分
【収容台数】約14台

掛川駅南第2駐車場

【場所】静岡県掛川市亀の甲一丁目11番11号
【料金】100円/1時間
【収容台数】約144台

森の祭りの混雑や交通規制、渋滞、通行止めを回避するルート、方法 まとめ

森の祭りの混雑や交通規制、渋滞、通行止めの場所と
混雑を回避するルート、方法についてご紹介してきました。

去年の開催状況を見る限り、混雑が今年も予想されます。

森の祭りまでのアクセス方法は、近くの駐車場に止めた後、
電車などの公共交通機関を利用して最寄り駅まで移動するのがおススメです。

混雑の中、車で移動して通行止めにあい
どこにも止めれない…なんてことが起きたら時間もロスし、
お祭りを楽しむこともできません。

ぜひ、事前情報としてお役立ていただければ幸いです。