タマラ・ド・レンピッカをご存知でしょうか。

2018年5月16日、タマラ・ド・レンピッカの生誕120周年を記念して、
Googleロゴがタマラ・ド・レンピッカの顔写真に変更されていました。

タマラ・ド・レンピッカは何をした人物なのでしょうか?

このブログでは、タマラ・ド・レンピッカが気になる方に、
タマラ・ド・レンピッカの人物像や職業、偉業などその軌跡、歴史を分かりやすくご紹介していきます。

タマラ・ド・レンピッカが気になる方は、ぜひ読み進めていただけたらと思います!



タマラ・ド・レンピッカとは誰?人物像や職業、偉業について

まず最初に、タマラ・ド・レンピッカとは誰?人物像や職業、偉業について見ていきたいと思います。

タマラ・ド・レンピッカについての基本情報を下記に記載しておきます。

名前:タマラ・ド・レンピッカ(Tamara de Lempicka)
生誕:1898年5月16日
出身:ポーランド-ワルシャワ
国籍:ポーランド
職業:画家

タマラ・ド・レンピッカは、ポーランドの画家であることが分かりました。
たしかに、Googleロゴも絵画のような背景が描かれています。

そんな画家として人生を歩んだタマラ・ド・レンピッカはどういった偉業を成し遂げたのでしょうか。

調べていくとその人生は女性絵画として半生を生き、
女性として輝かしい憧れの存在として立ち誇っていました。

タマラ・ド・レンピッカがこれまで描いてきた絵画はどういった作品なのか。
作品にはどういった特徴があったのでしょうか。

まずは、タマラ・ド・レンピッカの絵画の特徴について次に見ていきたいと思います!



タマラ・ド・レンピッカが描く絵画の特徴

次に、タマラ・ド・レンピッカが描く絵画の特徴について見ていきたいと思います。

タマラ・ド・レンピッカ自身も女優のように美しい美貌を持つ持ち主です。
その描く絵画は非常に強烈な鮮明に残る作品が多く、

中でも「アール・デコのアイコン」とも呼ばれるほど強烈に残る、レンピッカ。
Googleロゴに描かれる緑の絵画もレンピッカではないでしょうか。

また、タマラ・ド・レンピッカの絵画の特徴として、
緑を基調にした絵画が多いことに受けます。

中には花束や乗り物など人物像、人を模写した作品以外にも
無機物を対象にした作品もありますので、描ける範囲は広いことになります。



タマラ・ド・レンピッカの作品

タマラ・ド・レンピッカの作品について見ていきたいと思います。

先にタマラ・ド・レンピッカの特徴でも触れましたが、
タマラ・ド・レンピッカの作品には、どれも人にまつわる作品だけでなく、

無機物や背景画、建物を描いた作品も存在します。

その絵画のほどんとは人物画が多く、シスターやギターを弾く女性、
子供と女性の親子の絵、ベッドに横たわる女性の絵などがあげられます。

タマラ・ド・レンピッカの作品は、「本能のままに描かれた作品」と言っても過言ではない
鮮明に、強烈な印象を受ける作品が非常に多いです。

おそらくタマラ・ド・レンピッカの作品を一度見ると忘れないことでしょう。
それほど鮮明に覚え、強烈なインパクトが作品に込められています。



タマラ・ド・レンピッカの美術館

タマラ・ド・レンピッカの作品展を集めた美術館もありました。

その名も「美しき挑発 レンピッカ展」
東京渋谷に開園した美術館ですが、2010年と遥か昔に展覧。

また、パリにもタマラ・ド・レンピッカの作品を集めた美術館があったようです。

現在はなかなかタマラ・ド・レンピッカの作品に触れる機会も減っているかと思いますが、
絵画、その道に進む人、進んでいる人にとっては影響力の高い人物であったことがうかがえます。

改めて、絵画の発展に貢献した女性絵画「タマラ・ド・レンピッカ」に敬意を表したいと思います。

タマラ・ド・レンピッカとは誰?世界が魅了する画家をGoogleロゴで祝う まとめ

タマラ・ド・レンピッカとは誰?世界が魅了する画家をGoogleロゴで祝うについてご紹介してきました。

タマラ・ド・レンピッカは世界に強烈な影響を与えた女性絵画の1人です。

その拠点はポーランドだけにとどまらず、イタリアミラノやニューヨークといった
著名絵画も渡り歩いた道を歩くほどの実力、影響力のある作品が多く存在しました。

タマラ・ド・レンピッカの作品の特徴には、緑が多く、
人物画が多いものの、建物や背景画など無機物もあって非常に鮮明でインパクトのある絵のタッチが特徴です。

一度見たらタマラ・ド・レンピッカの作品であることが分かると思います。

タマラ・ド・レンピッカの生誕120周年を記念して、改めて敬意を表したいと思います。