・横浜開港祭へ遊びに横浜まで出かけたい!
・横浜開港祭の日程や見所、花火情報など教えて欲しい!

横浜で開催される年に一度の一大イベント「横浜開港祭」

横浜が一つになりお祭りや花火で盛り上がる人気のイベントです。
昨年は約75万人もの来場者が訪れ、横浜の街並みを堪能してきました。

そんな横浜開港祭に遊びに行きたい方も多いかと思いますが、
「横浜開港祭の見所や花火情報、親善大使は誰?といった情報が知りたい!」

そこで!このブログでは、横浜開港祭へ遊びに行く予定の方に、
横浜開港祭2018の日程、見所、花火、親善大使、バザー、駐車場の場所をご紹介していきます。

横浜開港祭へ行かれる予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



横浜開港祭2018 開催日程・タイムスケジュール・会場

まず初めに、横浜開港祭2018の開催日程・タイムスケジュール・会場について見ていきたいと思います。

横浜開港祭2018は、6月1日(金)・2日(土)の2日間開催されます。

開催される会場場所は、臨港パーク及びみなとみらいで開催されますが、
開催期間中はさまざまなイベントが催される予定です。

6月1日(金)・2日(土)それぞれのイベントスケジュールを見ておきたいと思います。
※横浜開港祭公式ホームページでスケジュールが公表されてませんので、
昨年のスケジュールを記載しています。最新情報が入り次第更新していきます。



6月1日(金)のイベントスケジュール(予定)

12:00 開会宣言
13:00~17:00 ドローンアトラクション~ドローン女子によるドローン体験会~
15:45~17:15 YOKOHAMAダンスSTARS
17:20~18:20 みなこいで「良い世が来~い」!
19:00~20:00 横浜開港祭スペシャルLIVE

6月2日(土)のイベントスケジュール(予定)

11:30~12:00 開港祭 MEETS JAZZ
12:00~13:20 官公庁艇パレード
13:30~14:30 横浜クイズ選手権
15:00~15:20 横浜開港祭公式ポスター・ポートキャンバス・親善大使ユニフォーム・CM街頭ビジョン表彰式
16:00~16:40 開港祭お笑いLIVE
17:40~18:10 開港祭LIVE
18:35~19:20 横浜銀行ドリーム・オブ・ハーモニー
19:20~20:00 コカ・コーライーストジャパン株式会社プレゼンツ ビームスペクタクルinハーバー
10:00~17:00 ドローン屋台村

横浜開港祭 見所

次に、気になる横浜開港祭の見所を見ていきたいと思います!

横浜開港祭では様々なイベント、ライブが開催されています。
その中でも特におススメの見て欲しいイベントをここではご紹介したいと思います!

イベントの特徴や見所をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。



横浜開港祭の花火「ビームスペクタクルinハーバー」

横浜開港祭といえば花火!と答える方も多いのではないでしょうか。

横浜開港祭の花火といえば「ビームスペクタクルinハーバー」
今年も開催が決定しており、各種交通規制や場所の情報が公表されていますが、

詳しい情報について後ほど花火枠でご紹介したいと思いますので、
花火についてとにかく知りたい方は、見てみてください。

ステージライブ

花火と同じくらい横浜開港祭の名物イベントといえば「ステージライブ」

お笑いライブやよさこいライブ、学生による吹奏楽やライブ、
またステージ上で横浜クイズ大会やジャズライブも開催されるなど、

観光客を飽きさせない様々なイベントが来場者の心を射止めます。

中には超有名アーティストによるスペシャルライブも開催されるなど、
一瞬たりとも目が離せないライブイベントが目白押しです!

2日間ともステージライブは行われていますので、
横浜開港祭へ遊びに行かれる予定の方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

護衛艦「いずも」一般公開

横浜ならではといったイベントでしょうか。
海上自衛隊護衛艦「いずも」の一般公開が開催期間中行われます。

開催日時
6/1(金)13:00~16:00(15:00受付終了)
6/2(土)10:00~16:00(15:00受付終了)

開催場所
大さん橋

海上自衛隊好きのお父さん、社会勉強、子供にも触れさせたい方には
ぜひ開催日時は外さないようにお気を付けください!

横浜開港祭 花火「ビームスペクタクルinハーバー」

最も気になる横浜開港祭の花火情報「ビームスペクタクルinハーバー」についてご紹介していきます!

打上げ花火数はなんと約4000発!各所場所にて観覧することが出来る大規模花火になります。

ここでは、花火の開催日時、打上げ場所、花火を見る時の穴場スポットについて、
ご紹介していきますので、花火を見る予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。



花火の開催日時

まずは、花火の開催日時についてですが、

6月2日(土)19:20~20:00

6月1日ではなく2日目の土曜日に開催されますのでご注意ください。

また、雨が降った場合の対応ですが、
基本雨天決行ですが、荒天や身の安全を考慮して中止になる場合もあるようです。

花火を見に行かれる方は雨が降らないことを祈るばかりですね。

花火の打ち上げ場所

花火の打ち上げ場所についてですが、
横浜の「臨海パーク」メインステージ、海上沖で打ちあがります。

【場所】臨海パーク 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1

観覧エリアで場所取りもすることが出来ますが、無人の場所取りは撤去対象になりますのでご注意ください。
場所取りをする時は必ず誰か人がいる必要があります。

また、花火を見る時は、有料と無料観覧席があるようです。
無料の観覧席でおススメの穴場スポットを次にご紹介しておきます!

花火観覧の穴場スポット

花火観覧の穴場スポットについてです。

まず花火の観覧エリアについてご紹介しておきますと

・臨海パーク周辺
・カップヌードルミュージアム周辺
・赤レンガ倉庫周辺
・大さん橋
・横浜駅東口より徒歩15分の場所
・マリンアンドウォークヨコハマ周辺

上記各所にて花火を見ることが出来ますが、
どこも人混み、混雑でまともに見れるのは少ないというのが感想です。

その中でも混雑が少なく穴場スポットは「大さん橋」です。
人が比較的少ないのもありますが、高台で海に突き出した橋ですので、妨げるものが何もない!

そのため、花火をクリアに見ることが出来ます。

非常におススメの穴場スポットですので、参考にしてみてください。

横浜開港祭 親善大使は誰?

横浜開港祭では毎年親善大使が選ばれます。

今年は16名の元気な親善大使が選ばれたようです。
親善大使に会いに横浜開港祭へ遊びに行くほどの人気です。



横浜開港祭 バザー情報

横浜開港祭と並んでお祭り気分に味わえるのが「バザー」

横浜開港記念バザーというのが、5月29日~6月4日まで開催されています。
(開催時間10:00~19:00)

会場となる場所は、横浜公園(神奈川県横浜市中区)

関内駅南口から徒歩1分の場所にバザーは行われています。
このバザーではご当地グルメフェアや出店、催しものが見れるようです。

横浜開港祭に合わせてバザーも足を運んでみてはいかがでしょうか。

横浜開港祭で利用したい駐車場・パーキング

横浜開港祭へ遊びに車でアクセスする方も多いかと思います。

多くの観光客、人出が予想される横浜開港祭ですので、
電車などの公共交通機関の利用をおススメしますが、車でないといけない方もいるかと思います。

ここでは、横浜開港祭で利用したい駐車場の場所をいくつかご紹介しておきます!
ぜひ参考にしてみてください。

山下公園駐車場

【場所】〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町
【料金】260円/30分
【収容台数】222台

NPC24H中華街第3パーキング

【場所】神奈川県横浜市中区山下町97-3
【料金】200円/20分
【収容台数】23台

ポートサイド駐車場

【場所】〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町 横浜市中区山下町8
【料金】270円/30分
【収容台数】59台

横浜開港祭2018の日程、見所、花火、親善大使、バザー、駐車場の場所 まとめ

横浜開港祭2018の日程、見所、花火、親善大使、バザー、駐車場の場所についてご紹介してきました。

横浜開港祭は花火やステージライブ、各種イベントが多数開催されるお祭りです。
横浜だけでなく県外からも多くの観光客が訪れ例年約80万名近くの人が横浜の街を楽しみます。

横浜開港祭のイベントの日程や特徴、おススメ場所などご紹介してきましたので、
横浜開港祭へ遊びに行かれる予定の方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。