・春を連想させる言葉って何があるかな?
・花言葉、単語や英語、名前など春の言葉を教えて欲しい!

春を連想させる言葉って何が思い浮かびますか?
花言葉や英語、名前、単語など様々な春を連想させる言葉がありますが、

気になって調べてみたので、「春を連想させる言葉」が気になる方は、
ぜひ、このブログを読み進めていただけたらと思います。



春を連想させる言葉といえば スプリング(spring)

まず英語の「スプリング(spring)」

ご存知の通り、「春」という意味の英語です。
スプリングセールやスプリングシーズンなどよく春になると登場する英語です。

スプリングの意味には春ともう1つ「ばね」という意味もあります。



春を連想させる言葉といえば イースター(Easter)

「イースター(Easter)」も英語になります。

日本語訳は、「復活祭」
もともと海外のキリスト教にて執り行われる「春のお祭り」

日本ではまだ馴染みがないかと思いますが、
イースターは、クリスマスやハロウィンとは異なり日付が決まっていません。

2018年のイースターは4月1日のようですので、
街中でイースターというお祭りが開催されていたら復活祭だと覚えていただけたらと思います。



春を連想させる言葉といえば 桜

春の代名詞といえば「桜」

桜なしに春は語れませんね。
ただ、桜と聞くと花粉症を連想する人もいるのではないでしょうか。

ちなみに桜の花言葉は、「優美な女性」

3月~4月という新しい門出に咲く花だからこそ、
その姿は多くの人を魅了して止みません。

春を連想させる言葉といえば 花見

桜を見ながら楽しむことを「花見」

花見は桜が見れるところであれば、公園でも道でも家でも構いません。
楽しい仲間、友人、家族で桜を楽しんで新しい年度の始まりを告げます。

東京で有名な花見スポットといえば、上野公園や日比谷公園。
また、全国津々浦々きれいで見事な花見を見ることができます。

春を連想させる言葉といえば 花粉症

桜や春の花と聞いて連想するのが「花粉症」ではないでしょうか。

春一番に乗ってきた花粉が街中を覆い隠す。
花粉症は当初はかかってはいないのに、抵抗がなくなればたちまちかかってしまいます。

花見はしたいけど、花粉症が苦しいという方、マスクと目薬は必須アイテムですね。

春を連想させる言葉といえば 春一番

「春一番」とは、2月~3月にかけて、その年に初めて吹く南向き(東南東から西南西)の強い風。

春一番が吹けば気温は上昇し、春を感じる1日になります。
ただ、先にもご紹介した通り、春一番は暖かい風、気温だけでなく花粉まで運んできます。

冬から春への移り変わりを感じる瞬間です。

春を連想させる言葉といえば ネモフィラ

3月~5月にかけて花を咲かす「ネモフィラ」

ネモフィラは青く咲く地面などでよく見かける美しい花です。

ネモフィラの花言葉は、「可憐」「あなたを許す」
非常に繊細で優美な花言葉ですね。

ネモフィラをガーデニングで育てるのもいいかもしれません。

春を連想させる言葉といえば チューリップ

春の花と言えば「チューリップ」

3月~5月にかけて咲くチューリップは
小学校の授業でも用いられる有名な花です。

そんなチューリップの花言葉は、「博愛」

チューリップ祭りなど春になるとイベントも開催されます。
見に行かれてみてはいかがでしょうか。



春を連想させる言葉といえば ヒヤシンス(風信子)

こちらも聞いたことがあるのではないでしょうか。「ヒヤシンス」

2月~4月にかけて咲くヒヤシンスは、
青や赤のその色鮮やかな色彩で魅了してやみません。

ヒヤシンスの花言葉は、「スポーツ」「勝負」「悲しみを超えた愛」

勝負事、何かにチャレンジしたい方に贈るのにピッタリです。

春を連想させる言葉といえば ハナミズキ

ある有名アーティストの曲名にもなっている「ハナミズキ」

4月~5月にかけて咲くハナミズキは、
その鮮やかなピンク色は桜同様白や淡紅色に色づきます。

ハナミズキの花言葉は、「永続性」「返礼」

何かのお返しにハナミズキと一緒に贈ると喜ばれます。

春を連想させる言葉といえば ガーベラ

オレンジやピンク、赤など暖色系の色を付ける鮮やかな花「ガーベラ」

プレゼントや贈り物、お返しにピッタリのガーベラは、
3月~5月に咲く非常に色鮮やかな花です。

そんなガーベラの花言葉は、「希望」

お返し、プレゼントにガーベラを贈るのもおススメの花です。

春を連想させる言葉といえば バラ

「バラの花束を贈る」女性へのプレゼントの代表格。

5月~10月にかけて咲くバラは、
咲く期間も長いため、プレゼントに非常に適した花です。

そんなバラの花言葉は、「愛」

女性へのプロポーズ、告白に一緒に渡すのにおススメの花です。

春を連想させる言葉といえば カーネーション

母の日の花といえば「カーネーション」

ふわふわ、フリフリに育ち咲くカーネーションは、
多くの女性に支持され、人気の高い花です。

3月~5月に咲くカーネーションの花言葉は、「真実の愛」「尊敬」

いつもお世話になっている母へ母の日に贈ってみてはいかがでしょうか。

春を連想させる言葉といえば 卒業

3月は「卒業」シーズン。
学校だけでなく社会人の卒業(転職)も3月が比較的多いです。

長年お世話になった学び舎を後にしてまた新しい人生を歩む。
素晴らしい門出にお祝いの花束はいかがでしょうか。

春を連想させる言葉といえば 入学

卒業の次にやってくるのが、新しい門出への「入学」ですね。

期待もあれば不安もある、いろんな感情が入り混じるのが春です。
ここまでいろんな感情が交差する季節はないのではないでしょうか。

新しい人生の一歩に出会える素晴らしさに感謝です。

春を連想させる言葉といえば ランドセル

小学校の初入学に必要なのが「ランドセル」

現在のランドセルは、様々な色のランドセルが出回っています。
子供の個性を大切に、新品のランドセルを背負った子供は可愛い。

子供の小学校への入学が楽しみでなりませんね。

春を連想させる言葉といえば?花言葉や漢字、単語、英語、名前、文字 まとめ

春を連想させる言葉といえば?花言葉や漢字、単語、英語、名前、文字についてご紹介してきました。

春を連想させる花言葉や英語、名前、単語をご紹介してきましたが、
気になる、心に残る言葉はありましたでしょうか。

春は特にきれいな花から感情が動く言葉まで数多く存在します。

花言葉を参考に、大切な人へお花のプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。