・神戸まつりに参加するため兵庫県まで遊びに行きたい!
・神戸まつりは交通規制や道路の通行止めは実施されるのかな?

毎年兵庫県神戸市にて開催される春のお祭りと言えば「神戸まつり」

多くの観光客が神戸のお祭りを見に県外や海外からも訪れる人気のお祭りです。
そんな人気の神戸まつりは交通規制や道路の通行止めは実施されるのでしょうか?

神戸まつりに参加したい方は混雑と交通規制が非常に気になると思います。

そこで!このブログでは、神戸まつりに参加予定の方に、
神戸まつり2018の混雑状況予想や交通規制、渋滞、道路通行止めの回避方法をご紹介していきます!

神戸まつりに遊びに行きたい方は、事前情報としてぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



神戸まつりの去年の混雑状況について

まずは、神戸まつりの去年の混雑状況について見ていきたいと思います。

神戸まつりの去年の混雑状況を見てみると

非常に混雑が発生しており、人混みで道路が横断できない、
車も渋滞して駐車場に停めるのが困難になる、などの声が調べてみて分かりました。

毎年神戸まつりは非常に混雑が発生しているようです。

混雑する理由は、神戸まつりで開催されるメインフェスティバルのパレードや
サンバストリートなど人出が多く駆り出され、観光客も増えるのが原因のようです。

それでは、今年の混雑予想はどうなのでしょうか。
次に神戸まつりの今年の混雑予想についても見ていきたいと思います!



神戸まつり2018 混雑予想について

次に、神戸まつり2018の混雑予想について見ていきたいと思います。

例年混雑が発生している神戸まつりですが、

今年の神戸まつりでも混雑は発生が予想されます。

さらに今年はメインフェスティバルのパレードにて、
有名な団体まで参加予定ですので、混雑はすでに必須な状況です。

神戸まつりに遊びに参加予定の方は、混雑は覚悟の上で行かれた方がよいかもしれません。



神戸まつり2018 交通規制・道路通行止めの場所について

それでは神戸まつりの交通規制は実施されるのでしょうか。
神戸まつり2018の交通規制・道路通行止めの場所について見ていきたいと思います。

神戸まつりが開催される5月19日(土)・20日(日)の2日間で
それぞれ交通規制、道路通行止めの場所や時間帯が異なりますので、

神戸まつりの開催日それぞれの実施場所、時間帯をご紹介していきたいと思います!



5月19日(土)の交通規制・道路通行止めの場所

5月19日(土)の交通規制・道路通行止めの場所を見てみると

パレード、サンバが行われるメインフェスティバルの会場が、
赤色範囲で車両通行禁止が実施されます。

車両通行禁止の実施時間帯は以下の通りです。

車両通行禁止 21:00~5:00

パレードやサンバが20日に開催されるため、その準備、設営の関係で
開催場所のフラワーロードが車両通行禁止になっているのだと思われます。

車で移動の方、お越しの方は十分ご注意ください。
事前の情報としてしっかり把握されておくことをおススメします。

5月20日(日)の交通規制・道路通行止めの場所

5月20日(日)の交通規制・道路通行止めの場所を見てみると

広範囲に歩行者用道路が実施され、パレード、サンバが実施される、
赤色の範囲では車両通行禁止になります。

実施される時間帯は下記の通りです。

歩行者用道路 7:30~19:00
車両通行禁止 19:00~5:00

車両通行禁止の時間帯が翌日の早朝まで実施されていますが、
神戸まつりの撤収作業の関係で、長時間に車両通行禁止が実施されているのだと思われます。

車で移動されている方は、神戸まつり開催当日は十分ご注意ください。

神戸まつりで混雑を回避するルート、回避方法について

神戸まつりの交通規制、通行止めの場所をご紹介してきました。
例年混雑が予想される神戸まつりですが、混雑に合わずにお祭りを楽しみたい方が多いかと思います。

ここでは、そんな神戸まつりの混雑回避のための方法やルートをご紹介していきたいと思います。
混雑嫌いだけどお祭りは好き、神戸まつりもゆっくり見たいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

お店の中からお祭りを鑑賞する

神戸まつりで非常に混雑が発生するのが、パレードとサンバが開催される、
フラワーロードと京町筋に混雑発生が予想されます。

ただ、神戸まつりのメインフェスティバルですので良い場所で見たい!という方も多いかと思います。

そんな方におススメの混雑回避方法は、お店の中から鑑賞するという方法です。
そごうやマルイ、神戸とんぼ玉ミュージアムなどのお店は、

メインフェスティバルの場所からも非常に近く、大型商業施設に当たりますので、
中からも外の風景を見ることが出来ます。

そのため、通りに出て人混みの中から見るのではなく、
少し距離感はありますが、見下ろす感じでお祭りの開催風景を見ることが出来ます。

車両通行禁止エリア、歩行者用道路エリアを把握する

特に車移動の方、車で神戸まで観光に来た方は、
神戸まつり実施期間中の交通規制エリアを事前にしっかり把握されておくことが、

混雑回避のルート選定に非常に役に立ちます。

事前に交通規制エリアを把握できていなければ、迂回することになったり、
道路の渋滞にはまり、待ち時間が長くなってしまう可能性があります。

神戸まつり2018の混雑状況予想や交通規制、渋滞、道路通行止めの回避方法 まとめ

神戸まつり2018の混雑状況予想や交通規制、渋滞、道路通行止めの回避方法についてご紹介してきました。

神戸まつりは例年混雑が発生する非常に人気のお祭りです。
そのため、交通規制はもちろん道路の通行止めも実施されます。

混雑は通りだけでなく、道路の渋滞や駐車待ちも発生するほどですので、
先にご紹介した混雑回避の方法やルートをぜひ参考にしてみてください。

1年に1度しか開催されないお祭りですので、今年を逃したらまた来年になります。

神戸まつりに参加を楽しみに県外からお越しの方は特に、
混雑状況や交通規制の場所など事前情報として、ぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。