動物学者には様々な偉人がこれまでの歴史に登場しますが、
その中でも有名なのが「ハインツ・ジールマン(Heinz Sielmann)

動物や自然界、環境のドキュメンタリー映像を見たことがある方、
動物が好きな方であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

そんなハインツ・ジールマンの人柄や人物像、これまでの功績など
このブログでは、ハインツ・ジールマンについてご紹介していきたいと思います。

ハインツ・ジールマンが気になる方は、ぜひ読み進めていただけたらと思います。



ハインツ・ジールマンとは?人柄や功績について

まず初めに、ハインツ・ジールマンの人柄や功績について見ていきたいと思います。

ハインツ・ジールマンは先にご紹介した通り、動物学者が職業になります。
さらに、動物、自然界、環境にまつわるドキュメンタリー映画製作者でもあり、

動物をフィルムにおさめる写真家でも有名な人物です。

そんなハインツ・ジールマンの生誕は1917年6月2日。
出身はノルトライン=ヴェストファーレン州メンヒェングラットバッハ市の生まれになります。

ドイツの北西に位置しオランダと国境近くの街になります。

そんなハインツ・ジールマンの功績は、神秘にあふれる「ガラパゴス諸島」の
ドキュメンタリー映像におさめ公表に成功したことではないでしょうか。

また、ドイツ生まれながらキツツキを題材にしたドキュメンタリー映像が高く評価され、
イギリスでハインツ・ジールマンの名が広がりました。

次に、ハインツ・ジールマンの映像作品をいくつか見ていきたいと思います!



ハインツ・ジールマンが作成してきた映像作品について

次に、ハインツ・ジールマンが作成してきた映像作品について見ていきたいと思います。

先にご紹介した通り、ハインツ・ジールマンは動物学者であり、
自然界のドキュメンタリー映像を製作する製作者でもあります。

そのため、これまでの人生に数多くの映像作品が出されました。

その中にはイギリスで高く評価されたり、有名な映画祭にて評価を得られるほどの影響力もありました。

そんなハインツ・ジールマンの映像作品をいくつか見ていきたいと思います!



Zimmerleute des Waldes(1938年)

キツツキとの生活や自然を写した「Zimmerleute des Waldes
この作品でハインツ・ジールマンの名はイギリスに広まり高い評価を得ました。

Zimmerleute des Waldesの内容は、生まれたてのキツツキとともに生活、育てるドキュメンタリー映像になっています。

非常にシュールな映像ながら当時は非常に影響力のあるキツツキの生態が分かる内容になっています。
動物学者として広くハインツ・ジールマンの名は伝わりました。

この作品に限らず、動物を研究している方であれば、ハインツ・ジールマンの名前をご存知の方もいるのでないでしょうか。



猛獣最後の王国(1961年)

ハインツ・ジールマンの代表作と言われるのが「猛獣最後の王国

アフリカ大陸を舞台にしたドキュメンタリー映像となっており、
猛獣と大自然、環境を映像に収めるだけでなく、そこに住む先住民にも撮影を試みた内容になっています。

ジャングルは動物の生態の宝庫。奇妙な生態から神秘の生態まで
まだまだ不思議が当時はやまほどありました。そんな未開拓の地に足を踏み入れ勇気に突き進んだ作品でもあります。

この作品も評価され、ベルリン映画祭にて銀熊賞、
イタリアのトレント映画祭では最高金賞受賞作として世の中に影響を与えました。

非常に有名な作品ですので、知っている方も多いのではないでしょうか。
動物好きの方は、一度見てみてはいかがでしょうか。

ガラパゴス世界最後の秘境(1964年)

そして、こちらも世界中で大成功を収めた作品「ガラパゴス世界最後の秘境

まだまだその生態系、自然界、環境に神秘と謎が広がるガラパゴス諸島。
ガラパゴス諸島に足を踏み入れ、その生態をドキュメンタリー映像として収めた作品。

ガラパゴス諸島に住む生態系の紹介や鳥、カメ、イグアナの観察、
ガラパゴス諸島のすべてが詰まっているといっても過言ではない内容になっています。

ガラパゴス諸島に興味がある、生態系を見てみたい方におススメの作品です。

ハインツ・ジールマン(Heinz Sielmann)とは?生誕101周年の動物学者 まとめ

ハインツ・ジールマン(Heinz Sielmann)とは?生誕101周年の動物学者についてご紹介してきました。

ハインツ・ジールマンは世界的にも有名な動物学者で、
その自然界、環境、動物生態系のドキュメンタリー映像の製作者としても功績を残しています。

動物、自然が好きな方は一度ハインツ・ジールマンの作品を見てみてはいかがでしょうか。
きっと新しい発見、好奇心や興味がさらに沸くことでしょう。

ハインツ・ジールマンの生誕101周年を6月2日迎えます。
ハインツ・ジールマンのこれまでの功績、実績を称えて改めて敬意を表したいと思います。