「ガーデンノーム」をご存知でしょうか。

ガーデンノームとは庭小人とも言われドイツが始まりとされています。
ガーデンノームの歴史や文化、庭小人の種類にはどういったものがあるのでしょうか。

このブログでは、ガーデンノームについて気になる方に、
ガーデンノームの歴史や意味、ドワーフ、ノーム、精霊の種類、伝説についてご紹介していきます。

ガーデンノームが気になる方は、ぜひ読み進めていただけたらと思います!



ガーデンノームの歴史について

まず初めに、ガーデンノームの歴史について見ていきたいと思います。

ガーデンノームの歴史は実は古く、遡ること1841年。
ドイツで初めて生産、製造されたのが始まりとされています。ドイツが発祥ということですね。

その後、イギリスやイタリアにも広げガーデンノームの存在は広がり始めました。

ガーデンノームを世界的に一躍有名にしたのは
映画「アメリ」にガーデンノームが登場しました。

その登場内容が、ガーデンノームが旅をして写真を送るというシーンです。

日本でもガーデンノームという存在広がっていました。
世界的にも有名な愛着のわくガーデンノーム。その製造理由にはどういった意味があったのでしょうか。

次に、ガーデンノームの意味について見ていきたいと思います!



ガーデンノームの意味について

次に、ガーデンノームの意味について見ていきたいと思います。

ガーデンノームは先にご紹介した通り、「庭小人」という言葉に変換できます。
ではガーデンノームの製造された理由、意味は何かご存知でしょうか。

それは、「庭の守り神」のような存在で製造されたようです。
夜、人が寝静まった頃、ガーデンノームが庭を素敵に、きれいにしてくれる、そんな言い伝えもあるとか。

そのため、ガーデンノームという言葉であり、庭小人とも呼ばれています。
日本の庭にもガーデンノームを飾っている家庭があるように世界的にも有名です。

愛らしさもあり、精霊のような立ち位置にもいるガーデンノーム。

現在ではドイツ発祥からはじまり、ネットでも購入できるようになりましたので、
ガーデニング、庭をきれいにしたい方、ぜひ一度お手に取って見てみてはいかがでしょうか。



ガーデンノームの種類について

では次に、ガーデンノームの種類について見ていきたいと思います。

ガーデンノームは庭小人という言葉だけでなく、精霊やドワーフ、ノームといった
種類にも大別され、世界各地でその名を広めています。

ガーデンノームの種類についていくつか見ていきたいと思います。



精霊と言われるガーデンノーム

庭の精霊として守り神の扱いを受けるガーデンノームもあります。
トレードマークは、赤いとんがり帽子に白髭。

実は一度は見たことがあるかもしれません。
それほど有名なキャラクターであるとも言えます。

ドワーフと言われるガーデンノーム

「ドワーフ」とは背丈が短い歴史上伝説の種族。
力強く屈強で、男性は髭が長いのがトレードマーク。

ガーデンノームのその姿形から歴史上の伝説とされるドワーフとも言い換えられます。

長い白髭をはやして背丈が短いとドワーフと思ってしまいますね。
また、とんがり帽子がトレードマークなので魔法使いにも見えてきました。

ノームと言われるガーデンノーム

「ノーム」とは、大地を司る精霊、生物とも言われており、
スイスの錬金術師が提唱した言葉になります。

このノームという生物についてもガーデンノームとも言われています。

長いとんがり帽子、白い長いひげが精霊や魔法使いに見えることから
大地の精霊として言われるようになったのかもしれません。

ガーデンノームの歴史や意味、ドワーフ、ノーム、精霊の種類、伝説 まとめ

ガーデンノームの歴史や意味、ドワーフ、ノーム、精霊の種類、伝説についてご紹介してきました。

ガーデンノームの歴史は古くドイツが発祥でその後瞬く間に世界へと広がっていきました。
その世界的に有名になったきっかけも映画「アメリ」が一つに挙げられます。

この映画を観て、ガーデンノームの存在を知った日本人も多いのではないでしょうか。
また、とんがり帽子に長い白髭も強烈に頭に残りやすいキャラクターとして親しまれています。

ガーデンノームの歴史や意味について気になっていた方が少しでもクリアになればよいと考えます。
ガーデンノームについて、ぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。