・札幌が誇る一大イベント「札幌雪まつり」に参加してみたい!
・札幌雪まつりの日程や会場、見どころなどを教えて欲しい!

毎年行われる北海道札幌で開催される「札幌雪まつり」

県外からも多くの来場者が訪れ、札幌の風物詩を見に足を運びます。

ツアー会社も大いにアピールし楽しい日々を過ごせるのは間違いなしです!

「札幌雪まつりに参加したいので開催期間や見どころを教えて欲しい!」

そこで!このブログでは、札幌雪まつりに参加予定の方を対象に、
札幌雪まつりの日程や開催期間、見どころ、アクセス方法についてご紹介していきま!

札幌雪まつりに参加されたい方は、ぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。



札幌雪まつり2018 日程・開催期間

まず初めに、札幌雪まつり2018の日程・開催期間について見ていきたいと思います。

毎年200万人以上もの来場者が訪れる札幌雪まつりですが、
開催期間は原則同じ日取りになっており、2018年2月5日(月)~12日(月)になります。

札幌雪まつりの開催期間中は様々なイベントが催され、
主だったものをここでご紹介いたしますと、

・大通公園を埋め尽くす大雪像
 札幌雪まつり期間中に展示されています。非常に見応えのある札幌雪まつりの代名詞です。

・第69回さっぽろ雪まつりスペシャルステージ YOSAKOIソーラン
 平成30年2月11日(日)15:00開場 16:00開演

・大通会場 スケートリンク
 雪と言えばスケートリンクですよね。自由に遊べるスケートリンクが解放されています。

・つどーむ会場
 氷の滑り台やスライダーなど雪遊びが満喫できる会場。子供から大人まで楽しめます

次にメイン会場となる場所をご紹介していきたいと思います。



札幌雪まつり 会場

それでは次に、札幌雪まつりの主なイベントの開催会場についてです。

札幌雪まつりといえばやはり「大雪像」ですよね。
大雪像が展示されている場所と様々な雪遊びが出来る「つどーむ会場」について

以下のグーグルマップで示しておきたいと思います。

札幌に降り立ったらすぐに場所は分かると思います。
メインのイベントですので、大々的に告知もしてますので、人の流れに乗っていけば問題なしです。



大雪像が見られる会場の場所

【会場】大通公園
【住所】〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西7丁目

【会場】すすきの会場
【住所】札幌市中央区南4条通~南7条通までの駅前通

雪遊びが出来るつどーむ会場の場所

【会場】札幌市スポーツ交流施設「つどーむ」
【住所】〒007-0852 北海道札幌市東区栄町885?1
【開催期間】2018年2月1日(木曜日)~2月12日(月曜日・振)

札幌雪まつり 見どころ

それでは気になる札幌雪まつりの見どころについてご紹介していきます。

先に会場の場所でもご紹介しましたが、見どころは何と言っても大雪像!

大雪像が見られるのは「大通会場」と「すすきの会場」の2か所。
それぞれ特徴やイベントが異なりますので、それぞれについてご紹介していきたいと思います!

大通会場で見られる大雪像

メインはやはり大通会場の大雪像ではないでしょうか。

大通公園にずらりと並んだ大雪像は圧巻!
そうそうたるテーマで大雪像があなたの来場をお待ちしております。

大通公園は1丁目から12丁目まであり、その中には遊べるアトラクションや
イベントも開催されていますので、大雪像以外の楽しみも詰まっています。

今年の大雪像のテーマが決まっていますので、ご紹介したいと思います。

【1丁目】スケートリンク
【2丁目】Happy Birthday! Hokkaido 他
【3丁目】白い恋人PARK AIR ジャンプ台 他
【4丁目】大雪像「ファイナルファンタジーXIV “白銀の決戦”」 他
【5丁目】大氷像「台湾-旧台中駅」
【6丁目】中雪像「ようこそさっぽろ雪まつりへ!」他
【7丁目】大雪像「ストックホルム大聖堂」他
【8丁目】大雪像「奈良・薬師寺 大講堂」他
【9丁目】中雪像「黒ひげ危機一髪」他
【10丁目】大雪像「手塚治虫 生誕90周年記念オールスターズ」他
【11丁目】小雪像「雪ミク(初音ミク) タンチョウ巫女Ver.」他
【12丁目】小雪像

また、この大通会場ではライトアップも行われ、
大雪像に煌びやかなイルミネーションが冬の夜空を彩ります。

ライトアップは日没から22時までの予定ですので、ぜひ足を運んでみてください。

すすきの会場で見られる大雪像

次に、すすきの会場で見られる大雪像についてです。

すすきの会場では、「すすきのアイスワールド2018」と題して、
大通会場と異なり、繊細な氷の彫刻が彫られた幻想的な氷像を約60基を見ることができます。

職人の技、北海道の土地ならではの氷像に酔いしれること間違いなしです。

すすきのでは、氷像以外にも美味しいグルメを堪能できるお店が多く軒を連ねているので、
夕食や食事にはぜひ足を運んでいただきたい場所です。

札幌雪まつり アクセス・行き方

札幌雪まつりまでのアクセス・行き方についてもご紹介しておきます。

「大通会場」「すすきの会場」「つどーむ会場」について最寄り駅、アクセス方法をご紹介したいと思います。

どこの会場も基本的には地下鉄、バスで行ける場所にあるので便利ですので、
札幌駅からのアクセス方法、ルートをご紹介していきます。



大通会場までのアクセス方法

【最寄り駅】大通駅

地下鉄だと7分程度で着きますが、徒歩でも15分前後で着きますので、
徒歩での移動がおススメです。

すすきの会場までのアクセス方法

【最寄り駅】すすきの駅

こちらも地下鉄利用で約10分程度で着きます。
徒歩でも行けない距離ではないので、徒歩がおススメです。

大通会場の大雪像を見ながら歩いているとあっという間にすすきの会場に着いていることでしょう。

つどーむ会場までのアクセス方法

【最寄り駅】栄町駅

電車と徒歩で約30分前後で到着する場所につどーむ会場はあります。

遠いように感じるかもしれませんが、東京だったら特に30分は違和感ないかと思います。

また、栄町駅からつどーむ会場までシャトルバスが運行しています。

つどーむ会場に行かれたい方は、札幌雪まつり公式ホームページに掲載されていますので
ぜひ、チェックしておくことをおススメします。

札幌雪まつりの日程、開催期間や会場、大雪像の見どころ、アクセス方法 まとめ

札幌雪まつりの日程、開催期間や会場、見どころの大雪像、アクセスについてご紹介してきました。

会場となる「大通会場」「すすきの会場」「つどーむ会場」では、
それぞれ異なるイベント、楽しみ方が詰まっているので、大人から子供まで楽しめること間違いなしです。

また、今年の大雪像も見応えありのテーマですので、氷像を楽しみながら、
北海道の美味しいグルメにも舌鼓を打ち、旅行の計画を立てていただけたらと思います。

札幌雪まつりに行かれたい方は、ぜひ参考にお役立ていただければ幸いです。